• ホーム
  • スコップという撮影したら報酬が貰えるアプリがある

スコップという撮影したら報酬が貰えるアプリがある

Skoppと書いてスコップと読むアプリを知っているでしょうか。
このアプリは、スマートフォンのカメラで商品と一緒に自撮り写真を投稿すればお金がもらえるというサービスです。
誰でも気軽にお小遣い稼ぎが出来るので、とても話題になっています。

サービスの仕組みは簡単です。
まずミッションをクリアしないといけません。
ミッションはアプリ内にあって、一緒に撮って欲しい商品やシチュエーションが書いてあります。
商品をPRしてもらえる報酬は、10円から200円などそれぞれ違います。
報酬が2,000円以上貯まると現金化出来るので良いです。
コツコツ自撮り写真を投稿すれば、あっという間に貯まるでしょう。

報酬がもらえる仕組みは、まずスポンサー企業やリサーチ会社がスコップを通じてユーザーに画像の投稿を依頼します。
そして、ユーザーはミッションの画像を投稿します。
これによって、ミッションに応じた報酬がもらえるのです。

スコップはサービスの活性化とユーザーのメリット拡大を目的とした高額報酬を導入しています。
スコップでは他のユーザーが投稿した自撮り写真に対して良いと思ったものに投票が出来ます。
そして、投票数が多いユーザーだけが参加出来る高額報酬ミッションというのがあるのです。
通常の報酬の平均額は84円ぐらいですが、高額報酬の場合だと最高2,000円なので効率良くお小遣い稼ぎが出来ます。
2,000円のミッションをクリアすれば、1度で現金化が出来てしまいます。

スコップが開発された理由は、アプリを通してたくさんの笑顔を増やしたいという想いからです。
笑顔の自撮り写真に現金の価値を持たせて、ユーザーに満足してもらえれば笑顔を増やせると思ったのでしょう。

しかし、スポンサー企業側が抱えている問題点があります。
それは、SNSを使ったインフルエンサーマーケティングにかかる費用の上昇です。
それだけではなく、著名人を起用した場合にはステルスマーケティングと捉えられてネット上で炎上するリスクもあります。
ステルスマーケティングは、アメリカやイギリスなどではすでに規制されています。

スコップは安心・安全対策をしっかりしているので心配ありません。
投稿された画像は全てスタッフが目視で確認しています。
それに、ミッションをクリアしていない場合は報酬の対象外としていますし、公序良俗に反する投稿があった場合は削除しています。
ですので、安心してSkoppを利用出来るでしょう。

関連記事