• ホーム
  • YouTubeは動画のプラットフォーム

YouTubeは動画のプラットフォーム

YouTubeは米国の動画共有サービスで2005年2月14日にカリフォルニア州で設立されました。
時代の要請から次第に巨大化し、現在では世界最大のサービスになっていて1日について10億時間動画が視聴されていると言われています。

世界のどこにいても誰でも無料で動画を娯楽として視聴することができ、アカウントを持っていればビジネス目的に動画をアップロードして、それを公開することが出来ます。
その魅力は利用者の規模が桁外れに大きいことがあげられます。
これは人口でいうと10億人に相当するとされ時代とともに巨大化し、我国の国内の10代から20代のYouTubeの利用率はほぼ90%と言われ、全年代を通じた割合でも約67%に達するとされています。

Googleの検索エンジン傘下でYouTubeは世界第二位にあるという点が見逃せません。
毎日多くの人々が動画を求めて検索を繰り返していることになり、この行動を通じて新しい視聴者に出会う確率が増加するという傾向が見られます。
従って適切なSEO対策を施すことでアクセスしてもらえ再生回数を大きく伸ばすことも可能なものになっています。

ターゲットを設定して動画を届けるには動画広告が有効です。
ユーザーの規模が圧倒的に大きいために一定量のリーチ規模を担保できると言われています。
従ってプレロール広告は企業においても他企業を出し抜くためにも多く活用されています。

YouTubeは動画配信の1つのプラットフォームですが、これには無料のものと有料のものがあり、この2つのプラットフォームではコンテンツの権利と収益化で違いがあります。
無料で使えるYouTubeはSNSを使って拡散したり共有することが簡単にできてしまいます。
コンテンツの権利を重視する動画の場合は向いているとは言えません。
従って有料のものは高いセキュリティレベルで保護されるために不正ダウンロードも起きにくいとされています。

ただセキュリティレベルを上げるとそれだけ費用がかかって来ることになるのでここは知っておく必要もありそうです。
収益化の広告収入では動画配信する場合はYouTubeのルールに従うことになります。
従ってこれを大きく見込むには企業にとっては独自の設定を行える方が好ましいと考えるものです。

ユーザーに広く拡散したいという場合はYouTubeが最適でしかもサーバーのランニングコストもかける必要がありません。
独自の動画の公開や非公開も設定可能ですし検索エンジンへの登録も行えます。

これを始めるにはアカウント登録を行うとチェンネル登録もできるようになります。
ログインしてアップロードのページへ移動すると作成・編集を行った動画ファイルを簡単に投稿して、タイトルや説明、タグ付けを行うことができ全世界に向けてそれを公開することが出来ます。
管理画面においては自由にファイルの削除も行えますし、公式のチャンネルを作るのもレイアウトを決めて制作することが出来ます。
裏技としてURLの後尾に#t=時間を設定するとその時間から再生することができ、その他にも色々技が使えます。

関連記事